ピラティススタイルとヨガの違い

ピラティススタイルというのはあまり聞かないと思いますが、ヨガはどこでも聞くと思います。

メジャーさで言えばピラティスよりもヨガですもんね。

なので、ピラティススタイルとヨガの違いを簡単にですが、書いていこうと思います。

まず、ピラティスはリハビリの運動を基に作られたものなので、インナーマッスルの強化が重要視されています。

身体への負担を減らしながら負荷をかけていく事で姿勢の改善に繋がります。また、ケガの予防にも効果があります。

ヨガはダイエットを目的としたエクササイズではなく、治療法の一つです。宗教観に基づいた思想や瞑想などで、快適な心を作ることを大事にしています。

正しいポーズと呼吸によって筋肉をつけることができるので、身体のゆがみなどを矯正する事ができるので痩せやすい身体を作る事はできます。ただ、本来の目的は心と身体のバランスを整える為のものです。

ヨガはダイエットするのに通っているって人はいると思います。今はそういった側面もあると思いますが、元々は違うんですよ!

それから、ヨガは効果を出すためには継続しておこなっていくことが大事になります。短時間で痩せる事はできません。

ピラティスはヨガの体系を参考に作られている側面もあるので、似ていると言われがちですけど、身体を動かす目的が違うんです。

なので、痩せようと思ったらヨガよりもピラティスの方が痩せやすくなります。

それから、ヨガとピラティスは呼吸法も違います。

これは前回ちょっとだけ触れましたけど、ヨガはお腹を使った腹式呼吸を行います。

腹式呼吸は、空気をお腹に取り込んでから吐き出す呼吸方法で、息を吸うとお腹が風船のように膨れます。そしてはく時にお腹の空気を外に出すのでお腹が凹みます。

これを続けるのが複式呼吸です。はく時はできるだけゆっくりとはき、吸う時ははききった息を自然に取り入れるようなイメージです。

対してピラティスは胸式呼吸です。

息を肺に送り、肺から外にはく動作をします。

その為、お腹は膨れず、吸う時に肩が持ち上がります。はくと肩が下がるイメージです。

腹式呼吸の効果はリラックスができ、より多くの息を体内に取り込めるため、声が通るようになります。胸式呼吸の効果は活力ややる気です。胸式呼吸は交感神経を刺激するので頭がすっきりします。

声を使う仕事の人は複式呼吸を教わる事が多いようですね。

ˆ Back To Top